フランクリン&マーシャル(ビンテージ)デニム・ジーンズ

F&Mデニム(刺繍・ワッペン)

ヒップ部分にワッペンや刺繍など贅沢なくらいおおきくあしらわれた細身のストレートなジーンズ。フロントはシンプルなつくりで一見リーバイスと勘違いしそうなつくりだが、後ろに回ると・・・

メンズ・カジュアルブランド

アメリカンイーグル

(FRANKLIN & MARSHALL)フランクリンマーシャル

F&Mデニム(刺繍・ワッペン)


イタリア発のアメカジテイストなブランドで現在人気のフランクリン&マーシャルのショート・ハーフパンツ。最近ポロシャツやtシャツなど芸能人なんかでも着てる人多いみたいですね。

Levis(リーバイス)の歴史2

Levis(リーバイス)の歴史2

1942〜1945年に第二次世界大戦問題により銅メッキで出来たスチール製に変更しバッグストラップも無くす。リーバイスのトレードマークであるアーキュエット・ステッチまでもが糸を使用せずにペンキであがかれたステッチになるエビスジーンズ(EVIS)みたいな感じかな1954年にジッパーを使用した501が誕生しこの頃レーザーパッチが革製から紙製に変更され始める。1971年にレッドタブのLIVISのEが大文字から小文字のeに変更される。

1996年にリーバイスのEが大文字のビンテージモデルの生産が開始される事になりこのビンテージのビッグEのデニム(ジーンズ)が全世界に展開される事になる。2003年でリーバイス・ストラウスは150周年になり世界最古のジーンズ誕生から130周年を迎える。

Levis(リーバイス)の歴史1

Levis(リーバイス)の歴史

1853年にリーバイス・ストラウスがサンプランシスコにて雑貨店を開業した事により始まる。1973年にリベットを使用した衣服類の補強方法に対しての特許を取得しデニムを買い付けてパンツの生地としての使用を開始する事になる。

1880年にこの世にはじめてのジーパン(デニム)が誕生することになる。1890年に今でも寝ずよい人気を誇るリーバイス・ストラウスの501(リベット・オーバーオール)の誕生。1920年にリベット・オーバーオールのヒップ部分のポケットが一つから2つになり便利に195年9オンスのデニム生地を使用するジーンズ製作が開始される。

1936年にコーピー商品との差別化を図るためにリーバイスのレッドタブ取り付け案が浮上する。1937年にサスペンダーボタンが廃止される運びとなる

デニム・ジーンズ・ジーパン

デニム・ジーンズ・ジーパン

この呼び方は基本的にどれでも現在通用しますが、デニムとは本来デニム生地と言うこよばがあるように。ジーンズに使用する生地のことを指す言葉ですが現在では逆転して若者の大半はジーンズやジーパンの事をデニムと呼ぶ事の方が支流になっているようですね。ジーンズといえば。リーバイス(LEVIS)やリー(LEE)エドウィン(EDWIN)Wrangler (ラングラー) などが有名ですが元々ジーンズやデニムと作業着として丈夫な生地で虫避けなどの効果があるものとして多くの人から愛用されるものでしたが、映画でジェームス・ディーンが着用したあたりから若者の流行ファッションのような存在になり現在もっとも多くの方に愛用されているファッションになった存在です。今ではどのファッションブランドでも当たり前のようにダメージ入りのデニムやウォッシュ加工がしてある手の込んだデニムが多く出回っています

メンズ・カジュアルブランド

アメリカンイーグル


(FRANKLIN & MARSHALL)フランクリンマーシャル




ショート ハーフ パンツ サファリ デニム ジーンズ カーゴ 通販a

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。